ホーム  >  企業情報  >  会社概要 沿革 関連会社

会社概要 関連会社

企業概要

社名浅田化学工業株式会社 [英文:ASADA CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD.]
本社〒672-8055
兵庫県姫路市飾磨区宮180番地
TEL. 079-235-1911
FAX. 079-235-1915
設立大正6年12月10日(創業明治34年)
資本金1億円
役員
代表取締役社長朝倉  悟(林六㈱代表取締役社長兼務)
常務取締役山科 正己(林六㈱常務取締役兼務)
取締役伊勢田 昌利
取締役塚本 光一
監査役林  哲郎
業務内容水処理用凝集剤(硫酸アルミニウム・ポリ塩化アルミニウムなど)、高分子凝集剤、不飽和酸金属塩モノマーなどの製造販売
従業員55名
工場
姫路工場〒672-8055 兵庫県姫路市飾磨区宮180番地
広島工場〒739-0443 広島県廿日市市沖塩屋4-4-1
筑波工場〒300-2521 茨城県常総市大生郷町6138-9
事務所
大阪事務所〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4丁目11番28号
南船場ビル8階 林六㈱内

東京事務所〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2丁目6番
ランディック神田ビル7階 林六㈱東京支店内
関連会社林六株式会社 ホームページはコチラから
決算期3月31日(年1回)
取引銀行兵庫信用金庫 (飾磨支店)
りそな銀行 (姫路支店)
三井住友銀行 (姫路支店)
 

沿革

明治34年兵庫県朝来郡栃原で発見された明バン砿を原料とし、現在の本社所在地において企業化、加里明バン及び硫酸アルミニウムの製造を開始。
これは日本におけるアルミニウム化合物工業化の最初の事業である
明治38年法人組織に改め、合資会社浅田明バン所を設立。
大正6年 飾磨化学工業株式会社を設立し、硫酸加里とアルミナの製造を開始。
昭和12年(資)浅田明バン所と飾磨化学工業㈱を合併し、会社の商号を浅田化学工業株式会社に改める。
11月パリで開催された工業技術万国博覧会に明バン石を原料とするアルミニウム化合物及び金属アルミニウム等の製造工程図とその見本を出展し金賞を受賞。
昭和20年終戦以降アルミナ事業と硫酸加里事業を中止。
昭和29年7月硫酸アルミニウムのJIS工場となる。
昭和39年5月創業以来の代理店林六株式会社と共同して、大阪浅田化学株式会社を設立。
昭和40年林六㈱の経営参加。
昭和41年7月 大阪浅田化学㈱を合併し大阪工場とする。
昭和46年不飽和酸金属塩モノマーの製造販売を開始。
昭和46年12月広島県大竹市に大竹工場を竣工、操業を開始。
昭和55年4月大阪事務所を設立。
昭和59年3月茨城県水海道市(現常総市)に筑波工場を竣工、操業を開始。
昭和59年7月東京事務所を設立。
昭和62年11月戦後9回目の増資を行い、資本金1億円となる。
平成8年4月粉末高分子凝集剤「パラロック」の生産販売開始。
平成13年8月(社)日本水道協会(JWWA)規格 水道用ポリ塩化アルミニウム(姫路・筑波)及び水道用液体硫酸アルミニウム(全工場)とも認証を取得。
平成16年4月姫路工場「アルミニウム系液体凝集剤」においてISO9001の認証を取得。
平成18年5月不飽和酸金属塩モノマー「R−20S」の増産体制を確立。
平成19年4月姫路工場ISO9001認証範囲に「不飽和酸金属塩モノマー」を追加。
平成20年2月水道用ポリ塩化アルミニウム(姫路・筑波)及び水道用液体硫酸アルミニウム(全工場)とも新JIS認証を取得
平成25年12月広島県廿日市市に広島工場を竣工、操業を開始。
平成26年11月大阪事務所を大阪市中央区南船場4丁目に移転。
平成29年5月東京事務所を東京都千代田区神田須田町2丁目に移転
PAGE TOP